So-net無料ブログ作成

内視鏡検査 [日常のできごと]

先日おさるの研究会のことを書かせていただきましたが、
おさるの研究会(おさ研)では、内視鏡検査をしていただくこともできます。

内視鏡検査はヒトでは検査の一環として行われることが多いようですが、
どうぶつでは、麻酔処置をしたうえでの検査なので、
麻酔のリスクが高い子たちは検査が難しくなります。

とはいっても、たとえば1日何回も吐く。
しかも血液検査とかレントゲン検査とか、
一般の病院で出来る検査は一通りやったけれど、
それでも明らかな異常が見つからない。
そういった場合は内視鏡検査を行うのも一つの方法かな、とは思います。

もちろん、どうぶつはヒトと違って吐く動作は多いです。
だから何が何でも内視鏡検査というわけはありませんが、
原因をはっきりしたい場合は内視鏡検査は有効だと思います。

当院でも何回かおさ研で内視鏡検査をお願いしたことがあります。
やはり超音波検査で小腸を診るのと、
肉眼でスコープを通して診るのでは全然違います。
個人的には内視鏡検査を勧めてよかったと思うことが多々あります。

もし内視鏡検査をご希望であれば、ご連絡ください。
まずお話を聞かせていただければとおもいます。



コメント(0) 
共通テーマ:ペット

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。